壊れた場合|車を大事に|ホイールにこだわることで安全な運転を

車を大事に|ホイールにこだわることで安全な運転を

壊れた場合

男の人

車のホイールは、様々な原因で壊れます。経年劣化によってホイールそのものが弱まってしまったり、飛び石や何処かにぶつけた時、衝撃によって割れる他、バイクの場合だとタイヤを交換せずに乗り回しているとタイヤが摩耗して外れやすくなり、ホイールがバイクの重さで歪んでしまうということもあります。もし、ホイールが破損や歪みを起こした場合、車はまともに走ることはできません。そのため、車のホイールが壊れた場合、早急に修理、もしくは交換しなければなりません。
ホイールの寿命は、通常50年以上といわれています。しかしそれはあくまで晴天時の運転のみに限った話であり、雨天時の運転や荒れ地での運転、他にも走行距離など様々なことが影響しホイールの寿命は著しく下がってしまい、半分程度になってしまう可能性もあります。また、前述したように何らかのアクシデントで石などがぶつかった場合、破損してしまう恐れもあるので必ずしも20年以上交換しなくても大丈夫というわけではありません。また、運転に支障はありませんが、経年劣化によって若干性能が落ちることもあります。
また、ホイールが壊れた場合、修理もしくは交換をする必要がありますが、修理で治るものはへこみや傷程度であり、割れてしまった場合は新品に交換するしかありません。しかし、小さな傷やへこみを見つけた時にこまめに修理することで故障するリスクを大幅に下げることができるので、こまめに点検をして問題ないかどうかはチェックしておきましょう。